Goalist sales Blog

衆議院総選挙と求人動向

こんにちは!Ricoです!

 

先月末の9月28日に衆議院が解散し、TVやネットでは

連日、衆議院総選挙のことばかりが話されていますね。

 

今回は突然の早期解散だったり、

また公示までわずか2週間しかないということも重なり、

人員確保など準備が間に合わない自治体もでてきているようです。

 

そこで、選挙に関連する求人の動向を

弊社サービス「HRog(フロッグ)チャート」を利用し、調査してみました!

 

↓↓↓↓ HRogチャートフリープランのお申し込みはこちらから! ↓↓↓↓

https://chart.hrog.net/#contact

 

選挙に関連する求人動向

 

まずは2017年9月4日から、2017年10月9日までで、

選挙に関連するデータを見てみました。

 

こういった選挙の際の求人は短期や単発ものが多いため、

アルバイト系媒体を軸に、絞り込む条件はフリーテキスト検索で、

「仕事内容」項目に「投票 OR 選挙 -県知事 -市長 -総選挙(※)」 としました。

(※)「投票」か「選挙」を含み、「県知事」「市長」「総選挙」を含まない

 

総選挙を除いたのは、某アイドルの影響なのか「アイスクリーム総選挙」など

色んな総選挙があり、そこで当選?優勝?しているお店の

PR部分がヒットしてしまわないためですw

 

アルバイト系媒体は、HRogチャートのフリープランと同様の

an、タウンワーク、バイトル、フロムエー、マイナビバイトです。

 

週ごとの求人件数推移

 

8月末には解散が囁かれていたこともありましたので、

先月9月頭から週ごとに推移を出してみました。

 

f:id:n-yamashita_goalist:20171016154140j:plain

 

囁かれていたとはいえ、各地の自治体や選挙管理委員会では

選挙日が正式に決定するまで予算の確保ができないという事情もあるらしく、

9月中旬頃までは全く求人が出ていませんでした。

 

出ていたのは、普段から求人が出ているような、

イベント警備や、マスコミ依頼の世論調査スタッフなどとなり、

やはり、選挙日が決定した9月28日以降から求人の増加が見られました。

 

余談ですが、フリーテキスト検索で仕事内容に

「世論調査」だけ入力して調査すると、通常は毎週平均300件ほどですが、

解散直後の10月2日の週は900件弱となり、約3倍の結果となりました。

 

合計求人件数

 

先ほどの9月4日から10月9日までの求人の検索結果の

ローデータを掲載URLにて重複削除をして出した、

選挙に関連する求人の合計件数は以下の通りとなりました。 

 

f:id:n-yamashita_goalist:20171016104404j:plain

 

都道府県別に見ていくと、以下の通りです。

※上位15位までを抽出しました

 

f:id:n-yamashita_goalist:20171016115259j:plain

 

都道府県ごとの人口ランキングで、最も人口が少ない鳥取県は、

選挙に関連する求人件数では上位3分の1に入ってきています。

 

月ごとの求人件数推移

 

今度は、月ごとに全体の求人件数が

どのくらい増えているのかを見ていきます。

 

f:id:n-yamashita_goalist:20171013204557j:plain

 

求人が増えているのは選挙に関連する求人だけではなく、

媒体全体を見ても、月初の週の全媒体合計が

大体平均140万件~145万件なところ、

10月2日の週の全媒体合計は150万件ほどとなっていました。

 

選挙の効果なのでしょうか?

 

解散直後

 

解散直後の10月2日に取得したデータで

職種ごとに日給下限平均額を出してみました。

 

f:id:n-yamashita_goalist:20171013230102j:plain

 

9月4日の週で同じ条件で調査をすると、そもそも出てこない職種もありますが、

出ている求人は全て日給6千円~7千円でしたので、

通常の倍の金額を出すような求人も見つかりました。

 

最後に

 

突然の早期解散によって、各地の自治体や選挙管理委員会なども、

選挙に向けての人材確保や準備に追われているようです。

 

今回の衆院選では、野党第1党の民進党の解党や、新党の結成などで大わらわですが、

有権者のわたしたちも、この混乱に惑わされず

積極的に政治に関心を持ち、正しい情報を得て見定めていきたいですね!

 

f:id:n-yamashita_goalist:20171016150506j:plain

 

【人材サービスのカオスマップを作成してみた】

こんにちは。久しぶりの投稿です、FTGです。

 

ゴーリストのセールスとして、欠かせないのが求人メディアや

人材派遣会社など人材サービスに関する知識です。

 

今回、私が調査(勉強)した人材サービスについて、カオスマップを作成しました。

(流行りにのっかてみました(´Д` ))

 

HR業界の方はもちろん、人事・採用担当者、

また、ターゲット先を探している営業担当者の方必見です。

「業種別にみる人材サービスのカオスマップ」ぜひ、ご覧ください。

 

人材サービス 業界別カオスマップ 

f:id:a-funatogawa:20171013220902p:plain


 

(※2017/10/13更新) 

(看護媒体を追加いたしました。)

 

感想/まとめ

・サービス名を洗い出すのに時間がかかる

・ロゴデータを集めるのに時間がかかる

・ロゴデータの配置に時間がかかる

 容量が悪いのと飽き性な所があるので丸2ヶ月間くらい時間かかりました

 やはり、リストで見るより「ロゴ=ビジュアル」で見る方がわかりやすいですね。

 

 今回は、人材サービスのカオスマップ第1弾として、「業種」でまとめましたが

 次回は、「職種」や「サービス」など別の軸でもくくってみようと思いますー!

 お楽しみにお待ちください。

 

ロゴ掲載についてのお問い合わせ

人材サービスを展開している企業様の中で、

このマップに誤りや抜け漏れがあるよ!という方はお気軽にご連絡下さい。

また、各社のロゴを使用させていただいておりますが、

使用上問題のある場合はご連絡いただければ削除・差し替え対応致しますので

下記までご連絡をお願い致します。

 a.funatogawa@goalist.co.jp / 03-5577-5162 (担当:船渡川)

 

番外編:過去に掲載した人材サービスまとめ記事 

こちらも宜しくお願いします!

sales.goalist.co.jp

sales.goalist.co.jp

 

 

運営メディアで今年一番盛り上がった記事の話

大阪支社の河村です。
 
先日、自社メディア「HRog」の運営を引き継いだ話というブログで、HRogの運用の中に特集記事なるものもあると書きました。
 

f:id:t-kawamura:20170929191636p:plain

 
今回のブログは、HRogというメディアの運用を始めてから一番盛り上がりを見せた特集記事を作ったというお話です。
 
その前に
 
そもそもセールスであった私が何でメディアをやっているかという理由を書き損じてました。
 

なぜメディアの運営をしているのか

もともとセールスであった私ですが、大阪へ来て数ヶ月、弊社サービスへのお問い合わせが少なくなっている事が気になっていました。
 
セールスとして、お問い合わせがなければ売上が作れないので、お問い合わせを作るという事が必要になるわけですが、その手段を考えた時に、このHRogというメディアを活用したら良いんじゃないかと考えたのがきっかけです。
 
HRogは、人材業界に関わる方が毎日見てくれるので、ここにサービス活用の事例であったり、弊社が持ってるデータを活用した分析などの記事を書いていけば、興味を持った方がお問い合わせしてきてくれるのではないか。
 
というわけで、メディア運営をさせてもらうことになったんです。
 
すでにメディア担当になってから丸2ヶ月ほど経ちますが、今までセールスしか経験の無かった私は、メディアを活用してお問い合わせを増やすというのは、かなり難しかったです。
 
日々のニュース配信やプレスリリースの作成だけで手一杯になり、自社サービスの活用事例などの独自コンテンツ作成どころか、企画すら全然できない事もありました。
 
色々あった2ヶ月ですが、周りの協力もあり最近ようやく独自コンテンツを企画、作成できるようになってきまして、迎えた6本目でついに今年最高のPV数を獲得するコンテンツを作成することができましたので、嬉しさのあまり、その記事をご紹介したいと思います。
 
ちなみに、どれくらい盛り上がったのかというと、HRogのページビューではこんな感じです。
 

f:id:t-kawamura:20170929191831p:plain

 
公開日は9月22日です。ポコッと盛り上がっているのがわかります。
 
それまで1日平均PV数3,000だったのに、その日は約1.6倍の4,866となりました。
 
うち約1,700がそのコンテンツによるものですので、この日の盛り上がり分はまさにそのコンテンツが作ったものと言えます。
 

何を書いたか

これがそのコンテンツです。
 
 
 
総合人材サービス事業や、求人広告事業、人材派遣事業を行っている上場企業を対象に、前年度の売上高と営業利益をまとめたもので、人材業界地図として、各企業を一覧で比較できるようになっています。
 
人材業界へ新たに就職、転職してきた方々や、人事部に異動された方々に、人材不足と言われている現代において、どんな業種のどんな企業がどれだけの規模で問題解決に取り組んでいるのかという事を知っていただきたく作成しています。
 
ただ、実はこれ3年前から書いているテーマなんですが、過去2回は瞬間の盛り上がりはほとんどとありませんでした。
 
当時のGoogleAnalyticsの設定がうまく出来てなかったかもしれないという事や、アクティブユーザー数が今の方が多いという事を差し引いても、今年の瞬間の盛り上がり圧倒的だと思っています。
 
理由はおそらく、SNS(FacebookページやTwitter)のフォロワーが当時より多い事だと思います。(Facebookだけで、クリック数が2,400ありますので。)
 
過去もニーズはあったけどフォロワー数の違いから、拡散量が違ったんだと個人的には思います。
 
改めてフォロワーの皆さんに感謝です。この場を借りて御礼申し上げます。
 
ありがとうございます!
 

さいごに

これからも、興味深いコンテンツ作りを目指してやっていきますので、HRogユーザーの皆様、SNSのフォロワーの皆様、引き続きよろしくお願いします。

オペレーションチーム、乱入?す

皆さま初めまして!

 

ゴーリストで納品オペレーションを担当しているイマイと申します。
オペレーションチームはHR事業を構成する1チームでして、
今後はこの場をお借りしてオペレーションチームからも発信をしていく所存です。

 

オペレーションチームはHRogシリーズのベースとなるデータのクローリングと
この結果を利用しているサービスの納品に関わる業務を担当しています。

 

今回は初回ということで、私の自己紹介をば。

 

ジブンジシン

ゴーリストで上から3番目の年長者です。
千葉県柏市出身です。柏レイソル、大好きです。

 

週末はだいたい野球しています。
きっかけは都内某所にある飲み屋でした。
そんなチームに結成から4年間所属しています。

 

チーム事情で2年目から主なポジションはキャッチャーです。
当時のメンバーでは捕るのに長けていたので立候補しました(笑)。
ただし、肩は弱いです(泣)。
実は少年野球で3年程度の経験、しかも外野手だったのですが。

 

ほかにも引き出しはあるのですが、今回はここまで……

 

f:id:n_imai_goalist:20170922102401j:plain

ホームは河川敷の野球場です。私のチームは手前です。

 

ケイレキ

無謀にも経験のないキャッチャーにチャレンジしたのと同様に(?)、
大学院の修士課程を修了してから専攻(通信工学)とは少しジャンルを変えて
ERPベンダーに入社しました。

 

担当教官からは、ものすごい怒られました。
おそらく、教えたことを生かしてほしいという親心みたいなものなのでしょう。
いや、塾講師のアルバイトで中学受験の算数や理科の問題を解くのに
夢中になっていたからかもしれません(汗)。

 

閑話休題。
入社してから10年以上、製品の機能が出荷に値するかを評価する業務に携わっていました。
出来上がったプログラムをテストすることもあれば、リリースノートの検閲もしました。
さらには出荷させるためにエンジニア間やエンジニアとセールスの間も取り持ちました。
その10年の中には、今ゴーリストのメンバーである人の開発物を評価した時期も……

 

退職する前の数年間は全社的な新入社員教育にも自分から手を上げて携わっていました。
どちらかと言えば技術寄りの教育を担当……したのではなく、
ビジネスマナーを担当していました(おもにメールの書き方や利用と敬語に関してですが)。
これにはちゃんとした狙いがあって、エンジニアだからと言って、マナーをおろそかにしてはダメなんだよ、
というメッセージを発信したかったからなんです。
知らなかったマナーは勉強しましたけど(苦笑)。

 

キッカケ

前の職場もまあまあ自由闊達な職場でしたが、
仕事外でいろいろありまして、個人的に窮屈さを覚え始めていました。
(あくまでも自分にとって)働きにくいなぁ、どうしようかなぁと思っていた矢先、
取締役の林から声をかけていただき、
ゴーリストで仕事をする上で大切なものに共感を覚え、ジョインする決断をしました。

 

いちばん自分のアンテナに引っかかったのは「T字型人間」ということばです。
新人教育で「エンジニアなのにビジネスマナー」というエピソードからも、
「T字型人間」に強いインパクトを受けたのはおわかりいただけるかと思います。

 

別に仕事の中身は前職と関係あろうがなかろうが、どちらでもよかったですね。

 

コレカラ

前の職場で感じていた窮屈さはなく、
安心して職務をまっとうすることができています。

 

入社しておもにHRogリストの納品を担当することになったのですが、
納品までのプロセスが整っていないのが正直なところでした。

 

いつまで納品しなくてはならないのか、納品の仕様はどうなのか、
把握するのにひと苦労で、これでは納品までのスピードを速めるどころか、
期日を守ることすらままならないのではないということで、
この荒れた土地を整えることから始めようと思いました。

 

だいぶ整ってはきましたが、社員が増え、
改めてプロセスを見直さなければと思っています。
個の力に依存していた部分があったので、そこを仕組みで解決できれば、と。

 

最後に、ゴーリストにジョインしてからなのですが、
多くの人がITをもっと上手に活用できるようにならないものかな、と強く思うようになりました。
そのためのチャネルは模索中です。
チャレンジは続きます。

 

それでは、次回のブログでお会いしましょう。

 

f:id:n_imai_goalist:20170922102350j:plain

イニング前の投球練習より。

セールスとして大事にしていること

こんにちは!Ricoです!

最近ゴーリストのセールス部では、
組織編成の変更がありました。

ざっくり説明しますと、セールス部を役割毎に4つのチームに分け、
わたしはその中のコンサルチームへ配属となりました。

主にお客様を担当しているのは変わらないのですが、
どうしたらもっと弊社のサービスを活用していただけるか、
一緒に考えさせていただくようなチームです。

f:id:n-yamashita_goalist:20170913185612j:plain


今後、よりお客様の近くに立って対応させていただくにあたり、
わたしが普段セールスとして大事に考えていることを
今回は書かせていただきました。

かなり個人的な考えなので、
「こんな人もいるのか」くらいで読んでくださいw

 

最低限の身だしなみ


 初めて会うお客様が、うちの会社を判断する際、
 わたし自身が会社への評価の要因の1つになります。

 会社の看板を背負っている限り
 ここは絶対に外してはいけないと考えています。

 どこで誰に会うかは分かりませんので、例え訪問予定がない場合でも、
 いつでもお客様に会えるような、最低限の身だしなみは整えるようにしています。

 ちなみにわたしが気をつけている
 個人的な最低限の身だしなみは以下の4点でしょうかね。

  ・オフィスカジュアルな服装
  ・生足禁止
  ・7センチヒール
  ・暗い髪色

 
 お化粧をすることや、髪がボサボサのまま来ないとか、
 当たり前なところは省いています。

 

 f:id:n-yamashita_goalist:20170913194919j:plain

 

プラマイゼロを目指すのではなくプラスを目指す


 例えば、無表情の方と、表情が豊かな方だったら、
 どちらが好感を持てるかは一目瞭然ですよね。

 少し大げさに書きましたが、わたしはセールスとして
 「相手の感情を揺さぶらない」対応をするよりは
 「相手に少し良い印象を持ってもらう」対応を目指しています。

 それはセールスとして顧客対応をする時だけではなく、
 こちらが営業される側だとしても気をつけています。

 

f:id:n-yamashita_goalist:20170913200511j:plain

関わる人に合わせた接し方や表現


 上記の内容につながって来ますが、セールスはお客様だけではなく、
 社内でも色々な部署の人と関わります。

 お客様からいただく要望を、しっかりと社内に伝え、
 対応してもらうのも、セールスの大事な役割です。
 ここでコミュニケーションロスが起きてしまうと、
 お客様へ影響が出てしまいます。

 なので誰に何を頼むのか、それをどんな表現で伝えるのか
 できるだけお客様の気持ちをそのまま生かしつつ、
 相手によって伝え方を変えるよう気をつけています。


f:id:n-yamashita_goalist:20170913195640j:plain

 

 モヤモヤする時もありますが、
 最優先すべきはお客様の要望なので、
 物事が円滑に進むよう努力しています。

 

共感すること


 セールスは自社の製品を売ることがゴールですが、
 それだけがセールスの役割だとは思っていません。

 お客様は今どんな課題を抱えているのか
 どのくらい大きな課題なのか
 どうしたら解決できるのか
 うちのサービスで力になれるのか

 など、相手を知らない or 分からないまま提案しても
 それはただの迷惑になってしまいます。

 まずはお客様の話を聞いて共感をすることによって、
 最適な解決策や新しい提案ができるようになると思います。


f:id:n-yamashita_goalist:20170913195915j:plain


 また、お客様を深く知り共感することで
 良い関係を築けるきっかけにもなると思っています。

 

お客様を知ろうとすること


 先ほどのお客様を深く知るというのは、取引相手としてですが、
 「どんな人だろう?」と興味を持つことも重要だと思っています。

 これはわたしの意見ですが、取引先のお客様を個人として興味を持つと、
 自然と相手も心を開きやすくなるのではないかと思います。

 お客様が「何か売られるのではないか」と疑ってしまうより、
 気軽に相談ができる、質問ができる、というような関係性が
 自社のサービス改善につながったり、より良いサービスを提供できる
 きっかけになると考えています。

 

f:id:n-yamashita_goalist:20170913200209j:plain


最後に


 上記はわたしが様々なお客様と関わらせていただいたり、
 社内でセールスとして日々学んできて感じたものです。
 繰り返しますが、かなり個人的な意見ですw

 そして、まだまだセールス勉強中ですので、
 今後もお客様と関わらせていただきながら
 実践の中で学んで行きたいと思います!!

 

前回記事↓

sales.goalist.co.jp

インサイドセールスの未来予測

こんにちわ。

セールスチーム、にしみずです。

今回は、セールスのセミナーやコンサルをおこなっている

アメリカのTeleSmart Communicationsが発表している

「インサイドセールスレポート2017」を読んでみました。

 

インサイドセールスの未来予測と題して、

今後のインサイドセールス、いまとどう違ってくるのか。

思ったことを書いてみます。

 

  • インサイドセールスにとっての働く場所

インサイドセールスと聞くと、前回のブログでも書いたように、

 

sales.goalist.co.jp

 

会社の事務所内でセールス業務を行うとうイメージをお持ちかと思います。

実際に私も事務所内でセールスを行っています。

 

ですが、昨今の働き方改革が進む中、

今後は在宅インサイドセールスというポジションも増やしていくのでは・・・と思います。

 

というのも、レポートによると、

米国デロイトの調査で42%のアメリカの企業の役員は、3-5年先あたりまで、
非正規社員の登用を推進したいと考えているそうです。 

 

多様な働き方の雇用を推進する。

ということは、既存の職種の働き方が変わる。ということですよね。 

 

事務所内にいて当然のインサイドセールス担当者も、

自宅からセールス、在宅インサイドセールスが当たり前になる日も近いかもしれません。

 

同僚や上司が同じオフィスにいない状態で成果を出すことは、セールスにとっても当たり前に求められてくるのかもしれません。

 

  • インサイドセールスのマネジメントも変わる?

当然、働き方が変わればマネジメントも変わりそうですね。

 

2-30代前半で実績を積んでいき、キャリアを積むことに野心的なビジネスマンはプレイヤーとして結果を出した後、まず何を目指すでしょう。

きっと、まずは管理職としての活躍する!というキャリアパスではないかと思います。

 

若い管理職にとってのハードルは、

ソフトスキルや、管理職としての価値観が未熟であることと言われます。

部下が年上なんてことも当然で、ソフトスキル・・・人間力問われてきますよね。


ですが、今や既存の管理職像といったものは重要ではなく、求められるのはデジタルリーダーシップと言われています。

 

デジタルリーダーシップとは

  1. 起業家精神 
  2. ソーシャルセールスの促進(SNSや弱いつながりを生かしたセールス)
  3. より高いレベルでの財務リテラシー 

を満たすデジタル化時代に求められるリーダーシップのことだそうです。

 

業務のデジタル化→顔を合わせない業務が増える→遠くから人を巻き込む力が必要になる。

 

起業家のように先を見据え、あらゆるネットワークを活用し、数値を論拠に戦略を進めていく。

ちょっと乱暴な言い方ですが、CEOとCOOとCFOを一人でこなすようなものでしょうか。

チームビルディング、リーダーシップ、社内政治、管理職をとりまくあらゆる課題は、この三つのスキルで解決できるとレポートにはまとめられていました。

 

つまり、デジタル化が進むことで、

いままでのマネジメントで求められてきた価値観よりも重視されるものがある。ということ。

 

人間力よりスキル・・・若年層のマネージャーが誕生しやすい環境になってくる。

ということが言えるのではないでしょうか? 

 デジタルリーダーシップは、インサイドセールスに限らずデジタル化するいろんな職種に対応できる気がします。

 

  • インサイドセールスにおける、人材育成の未来

タイトルが壮大になってしまいましたが。。。。

セールスの人材育成というとOJTが一般的かと思いますが、
2017年にはセールスエネーブルメントという考えがさらなる注目をあつめました。

 

セールスエネーブルメント、セールスをEnablement=有効化するもの。

2012年くらいからアメリカで使われ始めた言葉です。

 

「セールスを有効化するもの・・・それが何かわかれば困らない!」

ということなのですが、

セールスを有効化できるあらゆるものを組み合わせてセールス人材育成をしていく考え方です。


タレントマネジメント、システムの導入、セールスプロセスの検証、商談手法、コーチング・・・

 

米国でもまだ未熟な考え方ですが、どんな新しいアプローチがでてくるのか、注目です。このセールスエネーブルメントが第四次産業革命をおこすカギになりえるとも言われているそうです。

 

  • Z世代のインサイドセールス

2017年を起点にこれからのインサイドセールについて書いてきましたが、

デジタル化はどんどんと進み、インサイドセールスも拡大していくような気がします。

ですが、レポートによると、Z世代(1990年代半ばから2008年頃までに生まれた世代)は、

2,300万人以上がオンライン上のコミュニケーションより対面コミュニケーションをより重視しているという調査結果がでているそうです。

 

Z世代が社会のメインプレイヤーとなる2030年ごろは、

AIが台頭し、人から仕事が奪われるといわれますが、その一方で、経済のメインプレイヤーたちが対人コミュニケーションを好む。

 

ビジネスのアナログ化とデジタル化が同時に進んでいく。

そのときインサイドセールスはどうなるのか?

インサイドセールスのみで完結する商材、フィールドセールスのみで完結する商材といった棲み分けがなされたりするのかもしれませんね。

 

 

 

ビッグデータを、リモートで、インサイドセールスする。ということ

 

 

 

 

こんにちわ。
株式会社ゴーリスト セールスチーム @大阪支社 にしみず です。

 

今回は、
カタカナ多めのタイトルですが、

私の日々の業務内容そのまんま。ということで、紹介したいと思います。

 

現在チーム内では

  • マーケティング
  • コンサルティング
  • インサイドセールス
  • フィールドセールス

とそれぞれに業務を役割分担しています。

 

インサイドセールスとは

 

私が担当している「インサイドセールス」=電話やメールで対面せずに行う営業です。

 

f:id:r-shimizu:20170908150325j:plain

 

ゴーリストに入って初めて知りましたが、

1980年代に営業範囲が広く訪問が難しいアメリカで生まれたBtoB向け営業手法で、

SaaS商材の営業にはよく使われるそうです。

 

インサイドセールスとフィールドセールスの違い 

営業ときくと、

1)新規開拓→ ヒアリング→ アポイント/対面営業→ 受注

を思い浮かべると思います。

これが、フィールドセールスです。


インサイドセールスでは

2)お客様からの問い合わせ→ ヒアリング→ 受注

というプロセスで、お客様からの問い合わせが起点となっているのが大きな違いです。

 

 日々の業務ではインサイドセールスだけで受注することもあれば、

アポイントを設定し、フィールドセールスメンバーへパスする場合もあります。

 

  1. お客様がある程度興味をもっている点からの営業スタート
  2. 受注できた場合には営業経費が対面営業よりかからない
  3. 移動時間が発生しないのでより多くの案件を処理できる

 

といったことから効率的と一般的に考えられますが、注意しないと大変なことになります。

 

リモート×インサイドセールスの落とし穴

 

私の場合、お客様とも対面しませんが、大阪支社駐在のため、セールスチームのメンバーとも対面しません。

 

完全な一騎打ちです。

 

f:id:r-shimizu:20170908150319j:plain

 

効率的と呼ばれるインサイドセールスですが、下手をすると、単なる問い合わせ窓口になってしまい、お客様のニーズを拾うという役割を果たせず、サービス利用につながらないこともありえてしまいます。

 

インサイドセールスは

生かすも殺すも担当者次第ということで、特に以下の点を重視してます。

 

ターゲットを明確に

つい、問い合わせがくるお客様に対しては購買意欲があると期待してしまいます。

が、残念なことに、お客様は、断片的な情報で問い合わせをくださっているので、

お客様によっては、他社さんのサービスのほうがお客様のニーズに合致することも往々にしてありえるのです。また、ニーズがあっても予算が合わないということも。

 
「来るもの拒まず去る者追わず」
もったいない気もしますが、ターゲットに合わないと判断した時には、他の選択肢をご紹介することもあります。

 

無用な連絡を繰り返し、結局 それほど興味ありませんでした。

や、大風呂敷広げて結果的にはキャパオーバーの注文となってしまう・・・

という悲しい展開にならないように、最初にターゲットに入っているかを見極めるのは非常に重要です。

 

 お客様と要件定義を明確に

これは一番私が苦労しているところです。

ビッグデータを商材として扱う限り、欲しい情報の要件は当然様々。

さらに、カスタマイズができるサービスの特性上、かえってメールや電話だけではアウトプットイメージのすり合わせが難いために、

ニーズがあるのに調整に時間がかかって納期に間に合わない。なんてことは避けなければなりません。

 

そんな場合は、最短の時間で商談を進めることを最優先に考え、

  1.  お客様と目に見える形でのアウトプットのすり合わせを行う。
  2. 最大限取れる情報を収集して無理せずにフィールドセールスチームにパス。

を実施しています。

 

 スケジュールを明確に

ターゲットはドンピシャ、要件定義もスムーズにできた!

と思っても、個人的には、最重要なのはスケジュール感と思っています。

 

私は、最初にお客様に電話をする時点で、受注・請求までのタイムスケジュールをイメージしてから連絡をしています。

 

 納期の設定がぼんやりとしていると商談から納品、請求までのスケジュールがうまく引けません。

し、スケジュール感の合わないお客様は、後日最適なタイミングでご案内をするなど案件管理の面でも重要です。

 

 ターゲット・要件・スケジュールを合わせて

「今必要なのか」を見極め商談を進めています。

 

社内でのコミュニケーションを円滑に

インサイドセールスをする上で調整が必要なのはお客様とだけではありません。

もちろん社内でも調整が必要な事項が山盛りです。

 

ゴーリスト社内には納品物を作成するチームのメンバーが東京にいます。

納品物はお客様の仕様にお応えできるか、納期は合わせられるか・・・大阪東京間で数々の調整があります。

 

リモート(東京ー大阪)で業務をしていると、ここがやはり壁。

 

ここはもう厚かましく何でも聞く。

忙しいかな・・・と思っても聞く。

ありとあらゆる誤解を防ぐためです。

 f:id:r-shimizu:20170908150334j:plain

聞くに限ると悟り、できるだけ社内のメンバーにたくさん話しかけています。

不思議なもので、なぜか文字より声のほうが人とコミュニケーション取れている実感がするので、相当通話を増やしてきました。

 

ですが対面で仕事するほどのコミュニケーション量にはまだ達していないと思うので、

引き続き、工夫していかないと。と思っています。

 

インサイドセールス難しい・・・

 結論、まだまだ難しいです。

社内でのコミュニケーションの円滑化、お客様のニーズのヒアリング含め、課題だらけです。。

 

理解できていないことを相手に伝える。

どこまで理解できているのかを伝える。

 

単純なようで、まだまだ苦戦しています。

 

 

インサイドセールス業務がはじまってまだわずかですが、

顔が見えない相手へのセールス、これからも試行錯誤あるのみです。。。


インサイドセールス発祥の地、

アメリカでのインサイドセールスのトレンドとかはどうなっているのか、

なんかも調べてみたいなと思っています。